メインイメージ画像

日本語の国語の教育で読解力を向上させるためには

教育の観点からみると、いつも使用している言語でも、実は会話や文章の中から正確に情報を理解するための読解力はあまり身に付いていないことも少なくないものです。日本の場合は、いつも使用している日本語を国語の授業を通して習いますが、普段身近にある言語だからこそ、意外と教育が容易ではないという側面も持っています。

子供たちの苦手な教科を調査してみると、思いもよらず国語が高くランクインするケースは珍しくありません。普段自由自在に日本語を操っているはずなのに、学習としての国語にはどうしても苦手意識を持つ子供たちが案外多いのです。



国語の成績が悪いと感じる子供の中には、読解力不足が目立つ子供もたくさんいます。文章の内容を理解する力が弱い子に、たくさんの文章を読ませてみたところで時間の無駄になることでしょう。なぜなら本人はちゃんと読んでいるつもりだからです。読解力が少ない場合はもっと基本的な読解力向上のための学習が必要になります。

読解力が劣っている場合に考えられるのは語彙力の不足と文脈の理解力の不足が想定出来ます。語彙力が乏しいと、文章の中に意味の分からない言葉が多数登場してきた時に、文章としての意味が良く分からなくなってしまいます。語彙力が足りないために読解力が乏しい場合は、意味の分からない言葉に気が付いたら、その都度、国語辞典を利用して言葉の意味を理解するように努力することが必要になります。意味の分からない言葉でも何回も辞書を利用して調べることで次第に意味を理解出来るようになるのです。

それさえ行っていれば、自然と知識が増えていき、文章を読んでも内容を把握することが可能になります。

これに対し、文脈を理解する能力が乏しいケースでは異なる教育方法を行う必要があります。言葉の意味は理解出来ても文脈の理解が出来ない場合は、普段の会話の中や文章読解の場合に文章の内容を再確認しながら繰り返し学習することで、効果が上がります。会話文をほかの文章に言い換えて内容を確認したり、読書の際に今の文章はどのような意味だったかなどを確認したりしながら読み進めていくようにすると、少しずつ読解力は向上していくはずです。

更新情報