メインイメージ画像

自分に合った保険を教えてくれる!

どのような種類の保険に入ればよいか迷った時、相談に応じてくれる場所が様々な地域に存在します。専門知識を持つアドバイザーが、何回でも0円で相談を受けられ、公正な立場でアドバイスをしてくれます。あなた自身の年齢や収入家族構成などをベースに、合致した保険を知らせてくれます。
女性のみの病のための保険など男性には話づらいことの場合は、同性の方の指定ができるようになっているのです。
提案してくれる保険も1社に限定せず、数社の提案書も直ちに見ることが可能であり、当然気に入った保険があれば、すぐに契約することも可能なのです。加入中の保険の契約内容について相談を受けることも可能なのです。

ひとまず、気楽に相談をしてみたらどうですか。

何かの事情で保険の給付金を受けた際に税金は生じるのでしょうか。以下では、医療保険、死亡保険を例に挙げ税金について述べてみましょう。
手始めに、医療保険の払戻金を対象とした税金について記載しましょう。法令により、医療保険の払戻金額には税金は生じません。


さらに、死亡保険には税金がかかると思いますか。結論を述べると、税金の義務はありますが、最小限に抑えることができるのです。そのやり方は、保険にかかる税金を相続税にするものです。相続税においては、多様な控除があり、配偶者だと1.6億までは課税対象外です。相続税扱いのためには契約者=被保険者、受取人の関係は夫・妻かご子息であることが必要ですが、必ず、この控除を使いましょう。

更新情報